ライブレポート Vol.01

ミシェル・カミロ(pf) ジャズ・ピアノ・ソロ

作成(Masao Abe)


楽しみにしていた「ミシェル・カミロ ジャズ・ピアノ・ソロ」、聴いてきました!


■ミシェル・カミロ ジャズ・ピアノ・ソロ
・日時  2005年9月24日(土) 14:30〜
・場所  京都コンサートホール
・出演  ミシェル・カミロ
      ゲスト:上原ひろみ
2部構成で、第1部、ミシェル・カミロ ソロ、第2部、上原ひろみとのデュオです。


京都コンサートホールは、クラシック専門ホールとして設計されたホールで、パイプオルガンも設置さ
れています。今年で10周年を迎えます。

(写真は、京都コンサートホールの外観)

従って、コンサートはPAなしの、生音のみで行われました。

ホール一杯に響き渡る拍手に迎えられ、登場したミシェル・カミロは、ピアノの端に手を置いて、深々
とお辞儀をすると、聞き覚えのあるあの曲を演奏始めました。カミロのCDは「Why Not」と「One
More Once」、「Spain」を持っており、よく聴いているのですが、曲と名前が一致しません。曲毎にタ
イトルを確認していないからです。で、耳は憶えているのですが、タイトルが分かりません、まあ、家
に帰ってから確認しようと、曲の特徴だけを、とりあえずメモっておきました。

  …、でもうれしいことに、帰るとき、掲示板に本日のコンサートのセットリストが張り出されていまし
た! 写メしておきました。


( 写真は、左)Set List  右)ポスター )


それによると、一曲目は「Suntan」でした、この曲、カリブ・テイスト一杯の非常に心地よい曲で、うち
のバンドでやれないかと、心密かにもくろんでいただけに、最初に演奏されとてもうれしかったで
す!

次は、今年の1月か2月ごろりリースされたソロ・アルパムからの曲で「Minha」、しっとりとした美しい
曲で、私の大好きなキース・ジャレットの「ケルン・コンサート」を彷彿とさせるような、とてもいい感じ
の曲でした。

そして、一転してJazzyな「Our love Is Here To Say」、ガーシュインのナンバーです。靴のかかと
でビートを撮りながら演奏は繰り広げられます。

続いては、ニューアルパムから「Un son」、これはリズミックでかつラテンテイストのする、聴いた瞬
間、好き!と思える、とてもいい感じの曲でした。

次も同じくニューアルバムからで、帝王のオバタラで我々には耳になじんでいる「'Round
Midnight」、当然この曲はすぐに分かりました。

そしてこれまた聞き覚えのある「Why Not」、これはとてつもなく速いテンポで演奏され、カミロ氏の
10本の指が、あまりにも早く上下に動くため、残像により、30本ほどに見えてしまいました、すごす
ぎる!

次は一転して、静かに美しいメロディーが展開していく「Twilight Glow」、そして一部の最後は、激し
く「On Fire」で締めくくられました。
以上、第1部は、約1時間にわたって、8曲演奏され、15分間の休憩に入りました。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


第2部は、いよいよ上原ひろみとのデュオです。2台のコンサートホール・ピアノが並べられ、いよい
よお二人の登場です。拍手がすごい、…期待感のなせる業でしょうか…。

曲は「Solar」という曲、静かな入り方です。持参した双眼鏡で、お二人の顔を見ていますと、デュオ
というのは、単なる二重奏と言うよりは、音のキャッチボールをしているように見えます。ひろみさん
は、こんな感じ?というように、師匠の顔を上目遣いに見ながら、弾きますと、カミロ氏は、そうそう、
いいねエ、といわんばかりに、いい表情でフレーズを引き取って展開していきます。

でも、曲がどんどん盛り上がって行き、高揚していくと、ひろみさんの顔は独特の顔をしかめるような
表情をしながら、どんどん高みに入っていきます。そして、カミロ氏との激しいバトルの様相を呈し始
め、ものすごい2台のピアノの響きが、ホールを埋め尽くさんばかりの状態になり、そして最高点に達
して、一曲目は終了しました。

ものすごい拍手でした、なかなか鳴りやみません。
カミロ氏は、手を上に向けて、ピストルを撃つまねをします、これって、最高の音楽が演奏できたとき
に、キューバ、ドミニカなどで、現地のミュージシャン達がよくやる仕草らしいですネ、どこかのラテン
関係のサイトで読んだ気がします。…実際に見たのは、今回が初めてでした!

2曲目は「Blue Monk」。これも同様の展開となり、最高に盛り上がって終わりました。

次は、しっとりと始まり、なにやら聴いたような感じがします。ひょっとして、アランフェス…、とすると、
あの曲か…、と思った瞬間。
「タッ、タラ、タリラタッタラ、タッタラ、」と、例のフレーズが私の耳に飛び込んで来ました、そう、「スペ
イン」でした! メチャ、うれしかったですねェ。
 
こうして、2部も終了し、万雷の拍手に答える形で、ひろみさんとのデュオで「Giant Steps」、そのあ
とも鳴りやまない拍手に答えて、カミロ氏のソロで、あの有名な「Caribe」を、アンコールとしてやって
頂きました、2曲…。

こうして、あっという間に、2時間半の素晴らしいコンサートは終了しました!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ミシェル・カミロは、バークレイ音大で、学生であったひろみさんと出会い、その才能に惚れ込み、以
降一緒に演奏する機会を持つようになったとのことのようです、(…と言っていたように、聞こえました
が、つたない英語耳の私ですから保証の限りではありません、ハイ)。

高揚感に満たされ、そしてとても幸せな気分にさせてもらって、秋風の中、京都コンサートホールをあ
とにしました。
(完)